医者

潰瘍性大腸炎を治すには必ず病院へ|身体の不調を放置しないで

病院で治療を受けよう

お腹を触る男性

最近、便がゆるくなってきた…と思ったら潰瘍性大腸炎の可能性があるかもしれません。この病気は、だんだん便がゆるくなってくることが初期段階の症状になります。そして、その後は出血があり、痙攣性の腹痛が起こって頻繁に排便したくなります。このまま放置しておくと、どんどん症状が重くなってしまって、発熱、貧血、体重の減少などが起こりだします。それに、腸管以外のところと合併症を起こしてしまう可能性があり、皮膚病変、関節の痛み、眼病変などといった症状も出てきてしまうかもしれません。子供が潰瘍性大腸炎になると成長障害になってしまうこともありますので、この病気は放置せずに専門の病院へ行ったほうがいいでしょう。
潰瘍性大腸炎になってしまう原因としては、遺伝、異常な免疫反応、環境などといったことが関係しているのではないかと言われています。ただ、明確な原因は分かっていないと研究結果が出ています。潰瘍性大腸炎が発症しやすい年齢は、30歳以下の成人に多いのですが、小さな子供や50歳以上の高齢者にも抱えている人はいます。

潰瘍性大腸炎の治療法は、内科的な治療と外科的な治療に二種類です。内科的な治療は、薬物療法になります。軽度と重度では、服用する薬が異なります。それに、免疫反応が異常になっているので免疫調節薬も処方されます。外科的な治療は、内科的な治療で症状の改善が見られなかった場合、大腸の全摘、結腸と直腸を適出をするという手術を行います。手術を受けるというのは、重症患者になりますので、できるだけ初期段階で治療を受けるようにしたほうがいいでしょう。ですから、少しでも体に異常を感じたらすぐに病院へ行って診察を受けて下さい。

効果のある療法

カウンセリング

病気を抱えてしまったら、必ず病院へ行って治療を受けないといけません。最近では、免疫療法という治療法が注目されています。これは、免疫細胞を増やして病気と闘わせられるようにする治療になります。

もっと読む

女性特有のがん

診断

女性特有のがんの中には、卵巣がんというものがあります。これは、治療せずに放置しておくと卵巣を取り除かないといけなくなることもあります。このような状態を避けるには、定期的に病院で検査を受けましょう。

もっと読む

調子が悪いのなら

腹痛

胃の調子が悪いという日々が続いてるという人は、胃がんになっている可能性もあります。胃がんは、年間5万人もの人が亡くなっていると言われている病気になりますので、少しでも疑いがあるのなら病院へ行きましょう。

もっと読む