先生

潰瘍性大腸炎を治すには必ず病院へ|身体の不調を放置しないで

女性特有のがん

診断

卵巣がんは、女性特有のがんです。名前の通り、卵巣にできてしまうがんですが、初期段階では自覚症状がないので発見が遅くなることが多いです。どうしてなのかといえば、このがんは卵巣に腫瘍ができることで発症する病気なのですが、卵巣にできる腫瘍は良性と悪性があります。そして、このほとんどは良性になると言われています。中には、悪性度が低いと境界悪性腫瘍という卵巣がんもあることから診察をうけないことには卵巣がんなのかどうかを判断するのは難しいのです。卵巣がんの症状は、大体の人は下腹部にしこりがある、膀胱が圧迫されて尿が近い、圧迫感があるなどといった症状を感じて病院で診察を受けます。ですが、こういった症状がでている時にはもうがんが進行している可能性があります。

それに、卵巣がんは進行すると他のところへ大きくならなくても転移してしまうことがあります。その理由としては、卵巣がんは腹腔という臓器にがん細胞が散らばってしまって播種という転移が起こってしまいます。そうなると、お腹の中に水が溜まってしまってお腹全体が張ってきたり、胸にまでがんが広がってしまったりします。人によっては、こういった症状が起こってから気付いてしまう人もいます。既に、このような状態の時はがんが進行している可能性がありますので、できるだけ初期段階で気付けるように腹部に異常を感じたら婦人科で診察を受けましょう。婦人科では、定期的に受診するようにと勧めているところが多いですから、今何も体に起こってなくても婦人科での受診は定期的に受けることをおすすめします。ネットで検索すれば、近くに病院があるか確認できるので手が空いている時にでも調べてみて下さい。