先生

潰瘍性大腸炎を治すには必ず病院へ|身体の不調を放置しないで

効果のある療法

カウンセリング

免疫療法という治療はご存知でしょうか?この治療法は、今最も注目されているものでがんやウイルスと闘ってくれる細胞を増やすというものになります。具体的にどのような治療法なのかといえば、患者の血液からがん細胞やウイルスと闘ってくれる免疫細胞を取り出します。そして、人工的に免疫細胞の数を増やして再度患者の体内に戻します。そうすることで、自分の体に存在した免疫細胞ですから効率的にがん細胞やウイルスを攻撃するようになります。今までのがんなどの治療法といえば、手術、放射線治療、抗がん剤という三大療法でした。これらの治療は、どれも外部からがん細胞を排除するという治療だったので正常に働いている細胞にも傷をつけてしまったり、死なせてしまったりするので副作用が起こってしまう可能性が高くなります。ですが、免疫療法であれば元々体内に存在していた免疫細胞を増やしてがん細胞を攻撃できるようにしているだけなので、大きな副作用が起こることはないと言われています。

最近では、三大療法と合わせて免疫療法を行なっている人もいます。こうすることで、より高い治療効果を期待できるようになります。それに、この治療はがんの再発を予防する効果も期待できます。人工的に増やした免疫細胞は、全身に作用しますので再発予防に凄く適していると言われています。免疫療法は、まだ比較的に新しい治療法になりますので、治療を行なっている病院はそれほど多くありません。ですが、既に効果があることは分かっているのでこれからどんどんこの治療を行なう病院は増えてくるでしょう。今、なかなか今の治療の効果を得られないというのなら、免疫療法を行なっている病院を探してみて下さい。